かれこれ20年近く、独身時代から食べたいものだけですが、おせちは手作りしています。にしめ、昆布巻き、黒豆、きんとん、きんぴらごぼう、田作り、卵焼き、車エビぐらいが定番メニューです。練り物が得意ではないので、伊達巻の代わりに卵焼きを入れるのが我が家流です。気が向くと、鶏もも肉で八幡巻を作ることもあります。手間がかかるように見えますが、黒豆以外は12/31の朝から始めて午後3時ぐらいには全部出来上がります。おせちを作り、重箱に詰めて、親しい友達に「今年もお世話になりました。よいお年を」とおせち写真付きメールを送ると、1年の役目を終えて、のんびりモードに入ります。自作おせちのいいところは味の調節が効くことと保存料なしなのでヘルシーなことです。見た目の華やかさには欠けますが、この自作おせちを夫も気に入ってくれていて、毎年楽しみにしていてくれます。今年ももちろん作ります。

関連ページ