ウォーターサーバー電気代比較ガイド

ハワイアンウォーターのウォーターサーバー電気代について

ワンウェイウォーターのウォーターサーバーは、冷水とお湯が24時間いつでも使えるのが魅力のひとつですが、電源を点けた状態でウォーターサーバーは使う物なので、月々の電気代が気になると思います。

 

ワンウェイウォーターのウォーターサーバー電気代は、使用頻度や温度設定によって若干変わりますが、月々の平均は1000円前後となります。

 

これは、電気ポットを使った場合と比較しても、ほぼ同じ値段なのです。

 

電気ポットとほぼ同じなら、お得ですよね。しかも電気ポットは、お湯を沸かすことしかできないのに対して、ワンウェイウォーターのウォーターサーバーでは冷水をつくることも出来ますから、1台で2役も活躍しますし、冷水もお湯も、いつでも使うことができるので、お湯を沸かしている間の待ち時間もないので、忙しいときには、とても便利です。

 

そのため、電気ポットよりは、使い勝手はいいと言えます。

 

冷水を使う場合で冷蔵庫と比較しても、ワンウェイウォーターのウォーターサーバーのほうが、冷蔵庫より電気代は安く済むようです。

 

冷蔵庫は使うたびに扉を開け閉めするので、それがかなり電気代のロスにつながっているのです。

 

ウォーターサーバーは24時間電源を入れっぱなしで使うのが基本ですが、それでもウォーターサーバー電気代は、全然気になりませんよね。使うたびに、月々の電気代を気にしなくていいというのは、すごく助かりますよね。ワンウェイウォーターのウォーターサーバーは月々の電気代はとても経済的で、家計に優しい省エネ設計なんですね。