ウォーターサーバー電気代比較ガイド

ウォーターサーバー電気代を節約する方法はあるの?

家庭用ウォーターサーバーは電気を使って、冷水やお湯を作り出しますから、当然、電気代がかかります。

 

毎日使うものですから、少しでもウォーターサーバー電気代を抑えたいところです。

 

ですが、ウォーターサーバー電気代を節約しようとして、使わないときに電源を切ってしまったりすると、メンテナンスが必要になったりするのでとても面倒ですし、水の衛生面にも影響が出てしまうので、家庭用ウォーターサーバーは24時間電源を入れっぱなしで使うのが基本です。
ウォーターサーバー電気代を節約するには、冷水の設定温度を高めに設定する。または、温水の設定温度を低めにするという、温度モードの切替が有効な手段です。

 

これによって、ウォーターサーバー電気代は15%から25%の節約になります。

 

エアコンの電気代を節約するときの使い方と、同じようなやり方と思えば、分かりやすいかと思います。

 

しかも、冷水よりもお湯を使うほうが電気を多く使うので、温水の設定温度を特に気をつけると、電気代の節約効果は高くなると思います。
家庭用ウォーターサーバーは、冷水とお湯がいつでも使えるというのがウリのひとつです。それで、電気ポットを使う場合や冷蔵庫で水を冷やして使う場合よりも、電気代は安く済むので、家庭用ウォーターサーバーの導入自体が電気代の節約になるとも言えます。

 

家庭用ウォーターサーバーの中には、普通よりも省エネタイプのものがあるので、そのような機種を選ぶことも、電気代の節約ということになりますね。


ウォーターサーバー電気代を節約する方法はあるの?関連ページ

ウォーターサーバー電気代が一番安い所は?