ウォーターサーバー電気代比較ガイド

ウォーターサーバーは電気代以外にどんな費用がかかるの?

ウォーターサーバー電気代以外に発生する費用としては、ウォーターサーバーのレンタル代金とメンテナンス代金、またはウォーターサーバーの設置費用、水の代金、配送代金、解約手数料などがあります。これらの費用の値段と、どの項目に費用がかかるのかは、業者の提供するサービス内容によって違いはあります。

 

もっと具体的に見ていくと、ウォーターサーバーのレンタル代金とメンテナンス代金は業者によって費用がかかるところと、無料のところがあります。

 

両方無料の場合もあれば、どちらか片方だけ無料という場合があります。

 

さらにウォーターサーバーの設置費用が、別途かかるところもあります。

 

そして、ウォーターサーバー電気代意外に必ず発生するのが、水の代金ですね。

 

かかるといっても、ペットボトルの水を購入し続けるよりは、割安になる業者がほとんどです。また、月に一定以上のボトルを注文すると、翌月に1本分のボトルが無料になるサービスを提供しているところもあります。水の配送代金も無料にしているところがほとんどです。

 

解約金については、一定期間を過ぎれば無料になるところが多いのですが、業者が設定している期間内に、途中解約すると、5000円から1万円の解約料が発生する場合ががあります。

 

これらの基本費用やサービス内容による割引制度は、すべての業者で統一しているものではないので、ライフスタイルに合わせた比較検討と、事前のチェックが必要になります。

関連サイト

ウォーターサーバー比較ランキング!電気代安い?【赤ちゃんは?】

東日本大震災以降、水不足や水に対する不信感などからウォーターサーバーの需要が急激にアップしました。安心・安全な水を求めている人が増えたことにより、ウォーターサーバーを利用する人が増えたわけです。特に赤ちゃんや小さな子供のいる家庭では重宝されるようです。
ペットボトルの水も安いですが、ゴミがたくさん出るのと重いのが難点なんですよね。なのでウォーターサーバーはメリットが多いですね。
www.waterserver-ninki-ranking.com/


ウォーターサーバーは電気代以外にどんな費用がかかるの?記事一覧

ウォーターサーバー電気代が一番安い所は?

家庭用ウォーターサーバー電気代は、どこの業者も同じように思えますよね。実際、家庭で使うウォーターサーバー電気代は、業者や使い方によって若干変わりますが、月々1000円前後というところがほとんどです。しかし、実は驚くほどウォーターサーバー電気代が安く済む、省エネ設計の家庭用ウォーターサーバーを提供して...

≫続きを読む

 

ウォーターサーバー電気代を節約する方法はあるの?

家庭用ウォーターサーバーは電気を使って、冷水やお湯を作り出しますから、当然、電気代がかかります。毎日使うものですから、少しでもウォーターサーバー電気代を抑えたいところです。ですが、ウォーターサーバー電気代を節約しようとして、使わないときに電源を切ってしまったりすると、メンテナンスが必要になったりする...

≫続きを読む