ウォーターサーバー電気代比較ガイド

ウォーターサーバーの電気代はいくら位かかるの?

冷水とお湯が、24時間いつでも使えるウォーターサーバー。電源をつけっぱなし

 

で使うものなので、月々の電気代が気になるところですよね。
ウォーターサーバー電気代は、業者や使い方によって若干変わりますが、

 

月々1000円前後のところが多いようです。これは、電気ポットを使った場合とくらべて

 

も、ほぼ同じと考えていいでしょう。
ウォーターサーバー業者の中には、電気ポットの約半分の電気代で済むところがあ

 

れば、はさらに安い10分の1の電気代で済む、ウォーターサーバーを提供してい

 

るところもあります。
電気ポットは、お湯を沸かすことしかで来ませんが、ウォーターサーバーでは冷水

 

つくることが出来ますから、1台で2役も3役も使えるので、電気ポットよりは、

 

ウォーターサーバーのほうが断然使い勝手はいいと言えます。
しかも、冷水もお湯も、いつでも使うことができるので、お湯を沸かしている間の

 

待ち時間もないので、急いでいるときには便利です。
それを考えると、電気ポットとほぼ同じ電気代という場合でも、安いですよね。

 

しかも業者によっては、それ以下の電気代で済むのですから、ウォーターサーバーの

 

ほうが、断然メリットはあります。
また、冷水を使う場合で冷蔵庫と比較しても、ウォーターサーバーのほうが、冷蔵

 

庫より電気代は安く済むようです。冷蔵庫は使うたびに扉を開け閉めしますから、

 

それがかなり電気代のロスになっているそうです。
ウォーターサーバーは24時間電源を入れっぱなしが基本ですが、それでもウォー

 

ターサーバー電気代は、全然気になりませんよね。
使うたびに、いちいち電気代を気にしなくていいというのは、すごく助かります。
最近、ウォーターサーバーを導入する家庭が増えているのは、電気代の安さにも魅力

 

があるからなんですね


ウォーターサーバー電気代は冷水と温水の料金は違うの?

家庭用ウォーターサーバーは電気を使って、冷水や温水を作り出しますから、当然、電気代がかかります。

 

そうなると、冷水と温水とでは、かかる電気代に違いがあるのかどうかが、気になるところです。

 

毎日使うものですから、少しでもウォーターサーバー電気代を抑えたいところですよね。

 

例えば、エアコンに冷房と暖房での電気代の違いがあるように、ウォーターサーバー電気代にも冷水と温水での違いがあります。通常は、冷水よりも温水のほうが電気の使用量は多いので、冷水と温水とで使用頻度が同じならば、温水のほうが電気代はかかるということになります。しかし、冷水と温水の使用頻度は、季節によって違いがありますし、冷水、温水それぞれの温度設定モードの違いによっても、かかる電気代に違いが出ますので、トータルで考えると、冷水と温水のどちらがウォーターサーバー電気代が高くつくかというのは、あまり気にしなくてもいいように思います。

 

ということは、ウォーターサーバー電気代を節約したい場合には、冷水の設定温度を高めに設定する。または、温水の設定温度を低めにするという、温度設定モードの切替が有効な手段ということになります。

 

これによって、ウォーターサーバー電気代は15%から25%の節約が可能です。

 

エアコンの電気代を節約するときと、同じようなやり方とイメージしてもらえば、分かりやすいかと思います。

 

電気代の違いにこだわりすぎて、使わないときに電源を切ってしまったりすると、メンテナンスが必要になったりするので、とても面倒ですし、サーバー本体と水の衛生面にも影響が出てしまいますので、電源は付けておいてくださいね。


ウォーターサーバー電気代 比較ランキング

フレシャス

フレシャスは、高品質で安全性の高い2種類の天然水を提供しているウォーターサーバーです。栄養成分が絶妙なバランスで含まれているため口当たりが良く、味が美味しいと評判の超軟水です。また、気になる月々の電気代も、エコモード搭載で30%カット。1パックが7.2リットルととても軽いので、お水の交換が簡単なのも女性に喜ばれる特徴の一つです。デザイン性の高いオシャレなサーバーも人気の理由の一つですね。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
【FRECIOUS富士】
1,050円(税抜)/7.2リットル
【FRECIOUS木曽】
1,065円(税抜)/7.2リットル
無料 2種類から選べる天然水は赤ちゃんも安心して飲めるほど超軟水。飲み終わったボトルは回収の必要がなく、パックを小さく折り畳んで捨てられるのが特長です。

コスモウォーター

コスモウォーターは90万台を突破した、選ばれているウォーターサーバーです。初期費用・レンタル料・配送料が無料でお水代だけでいいというシンプルさと、そのお水も4種類から選ぶことができます。今月はこのお水!というような使い方もできますよ。さらに、従来のサーバーだと1,218円かかっていた電気代が通常で609円と安くなりました。さらにさらに、お出かけ中やおやすみ前に押すだけのエコボタン機能も付いて、これによって487円と60%省エネになっています。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
【大分 日田の誉】
1,900円(税抜)/12リットル
【京都 古都の天然水】
1,900円(税抜)/12リットル
【静岡 富士の響き】
1,900円(税抜)/12リットル
【山梨 富士の微笑み】
1,980円(税抜)/12リットル
無料 4種類の天然水から選べるのが特長。飲み比べたり、含有の栄養素などで変更してみたり、自由に使えます。

オーケンウォーター

オーケンウォーターは「富士のバナジウム天然水」「京都・丹波の銘水」「大分・天領の銘水」の3種類の天然ナチュラルウォーターから選択することができます。おいしいナチュラルウォーターは人気のミネラルがたっぷり。雑菌が入りにくいワンウェエイシステムサーバー料金は永久無料で非常にリーズナブル人気。ボトルは一回の使いきりタイプ、途中で空気に触れないように工夫されているため雑菌の繁殖を防ぎ衛生的です。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
【富士山の銘水】
1,800円(税抜)/12リットル
【京都 丹波の銘水】
1,760円(税抜)/12リットル
【大分天領の銘水】
1,900円(税抜)/12リットル
【島根 金城の華】
1,810円(税抜)/12リットル
無料 大地の恵みである深い地層からくみ上げたミネラル豊富な軟水
クリクラ

クリクラは全国配達対応のウォーターサーバー、水の宅配サービス。非常に純度の高い水の秘密は逆浸透膜(RO膜)でろ過した物だからです。RO膜でろ過した水は環境ホルモンなどの有害物質などはもちろんミネラル成分も除去。純水に近くなります。その純水に4種類のミネラルを配合し身体に優しくおいしい水です。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
RO水 1,250円(税抜)/12リットル 無料
メンテナンス 5,250円/年
0.0001ミクロンの逆浸透膜(RO膜)でろ過された安全で綺麗な水にバランスよくミネラルが含まれた軟水
ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは「悠久の都 京の湧水 」「富士の銘水 天然純水 」「恵みの雫 都」という3種類のこだわりの天然水の中から好きなものが自由に選べる人気のウォーターサーバーです。3種類ともミネラルの豊富なナチュラルウォーターですが、細かな成分や容量、料金が違うため、あなたのライフスタイルに合わせて好きなものを選ぶことができます。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
【奥京都三岳山麓 京の湧水】
1,760円(税抜)/12リットル
【富士の銘水 彩】
1,800円(税抜)/12リットル
【九州日田 天寿の水】
1,900円(税抜)/12リットル
【島根 金城の華】
1,810円(税抜)/12リットル
500円/月 特定の水源地より採取されたミネラル豊富な3種類の天然水から選べる。軟水